会長挨拶

ご挨拶

第三十八届 会長 林 月理

中華民國僑務委員會 僑務顧問
埼玉台湾総会 名誉会長

~「令和」~
人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ
明日への希望と共に一人ひとりが大きな花を咲かせる

令和元年7月13日(2019年)会員代表大会において第38届会長に選任いただき、長い歴史と輝かしい伝統をもつ日本中華聯合總會会長職を務めることは、大変身の引き締まる思いであると同時に誠に光栄なことと存じます。
私は来日留学から国際結婚をし、育児や義父母の介護の傍ら「台湾女性いのちの電話」を開設ました。日本での生活相談、留学、子供の不登校、心身健康問題等に台湾女性のお悩み相談の受け皿として取り組み、現在に至ります。2012年~2016年(2期)埼玉台湾總會会長就任期間中「埼玉県日台友好議員連盟」設立、「台湾建国100年記念聖火大会in埼玉」、「東北震災義援金募金コンサート」、「福島へのチャリティーコンサート」など多数のイベントを開催、収益金を震災地や福祉への寄附を行う活動をして参りました。
本年度は平成から令和に年号が代わり、新しい時代の幕開けとなる記念すべき年となりました。2020年東京オリンピック開催を迎えて、本總會として、より有意義な活動を積極的に企画したいと考えております。先輩方から代々培った日本中華聯合總會の更なる飛躍と発展を目指し、日々懸命に精進して参ります。
今後、皆様方からのより一層のご支援ご協力を賜りますよう何卒お願い申し上げます。

結びに、祖国の一層の発展と台日両国友好の絆が深まる事、そして日本中華聯合總會の発展に努力を重ねていきたいと念じております。